事務用ピカピカ自作PC作ります。【パーツ構成編】#1

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。
こぼねろ
こぼねろ

事務所で使える事務用PCを作ります!!

ピカピカ光らせます笑

今回は事務用PCの自作をしてきます!!

新しくパソコンが欲しい!」と思っている方にとって役立つ情報満載なので、じっくり読んでみてください!

「別に新しいパソコンなんていらないよ!」なんて方は、ネタだと思ってお読みください!

PC自作!?めっちゃ興味ある」という方はお勉強がてらお読みください!

今回はざっと、どんなものを作るかという説明みたいなものです。

ざっとこんな構成!

今回作るPCは事務用途ということで、めちゃくちゃハイスペックなロマンは求めません。
WordとかExeleがぬるぬる動いて、起動が早ければそれでいいのです。

なので、グラフィックボードはなしです!
CPUもIntel限定
Ryzenは内臓グラフィックがないのでダメです!
(値段が高くなってしまいます…)

あとは、HDDは使いません!
SSDオンリーです。
実のところSSDに慣れてしまうとHDDにはもう戻れません笑

構成を表にしてまとめました。ご覧ください!

なんと合計48,417円!(OS代は含みません)
自作するとやっぱり安い!(その代わりパソコン1台としての保証はない)

ここからは、パーツごとを大まかに紹介いたします。

CPU:Intel Core i5 9400

CPUです。
Amazonはちょっと高い…
わたしは価格コムで最安だった「ツクモ電気」で買いました~
お値段17652円(税込み)

ちなみにここのリンクから買うと、
こぼねろにちょっとお金が入ります。
(いわゆるアフィリエイトリンク)

肝心の紹介です。

事務用途には十分なスペック
Word、Exeleがしっかりぬるぬる動いてくれます!

ただしゲーム用ととなると、少々性能不足が感じられてしまいます
グラブが1660S以上の場合ボトルネックが発生してしましそうです。

ちなみに、ゲーミングPCにおすすめなコスパの良いCPUはこれ!!

Intel Core i5 9600KFです。

これは内臓グラフィックがないので、GPUが必須ですが、
ゲーミングPCの場合GPUがないと話にならないので気にならないと思います!

末尾にKがついているので、オーバークロックが可能です。
頑張れば5GHzを超えることができるとかできないとか…

CPUクーラー

画像をクリックするとAmazonへ飛んでこぼねろが儲けます。

Amazonで2451円です。
ちなみに私はつぶつぶ梱包でおなじみのアークさんで買いました。

このCPUクーラー正直なところ買わなければよかった…
マザーボードのヒートシンクに干渉して、めっちゃ取り付けが大変でした。
(まぁ自分のせいなんですけどね笑)

見た目は悪くない!
ARGB対応でマザーボードと同期できます。

メモリ:ADATA DDR4-2666 4GB×2

DDR4 2666Mhz 4GB 2枚セット
Amazonで5600円
確かドスパラで買ったような気がします。

エーデータ?アダータ?何と読むかはわかりませんが、
いいのかどうかはわかりませんが、
少なくとも悪いメモリではありません

ネタばれになっちゃいますが、AsRock B365Pro4との相性問題は発生しませんでした!

まぁIntelはメモリがAMDより安定するって言われていますしね~

マザーボード:AsRock B365M Pro4

Amazonで10137円です。

チップセットはB365。事務用途なら十分です。

「オーバークロックしたい!」という方は、もっと上位のチップセットが必要です。
ちな、おすすめはSteal Legendです。

Micro-ATX規格です。
わりと小さい子。

マザーボードには主に大きさが3つあって、

一番大きいのが「ATX」
中くらいのが「Micro-ATX」
ちっちゃいのが「Mini-ITX」

一般的なゲーミングPCには拡張性バッチリな「ATX」
事務用途や設置場所がないという方は「Micro-ATX」が使われることが多いです。

あとこのマザーボードには、
12VRGBが2つ、
5VARGBが1つ付いているので、ピカピカ光らせることができます!!

SSD:ADATA 480GB

Amazonで6279円。
これは、ツクモさんで購入しました~

読み書きともに500MB/S でSata3接続のSSDです。

ちなみに、HDDもSSDもおんなじ仲間です。
HDDはディスクにカリコリカリコリ書いて保存して、
SSDは半導体にデータを書いて保存します。

SSDはディスクを使っていないので、固定されていなくても使用できますし、
HDDより耐久性があります。

そして何よりSSDのほうが圧倒的に速いです!
一度使ってしまうともうHDDには戻れなくなります。

HDDのみを使っている方はSSDを試してみてください!

電源:350W

Amazonで4440円です。

安い電源として有名なのは、玄人志向とサーマルテイクの電源ですが、違いは

玄人志向はケーブルが短いです。
ATXだと、CPU12Vコネクタが届かないことがあります。

それに対してサーマルテイクは割と長めなケーブル、
しかも、メッシュでカバーしてあるので、ケーブルがカッコいい!

動物電源??そんなもんは知らん(^3^)♪)

ケース:ANTEC DP301M

Amazonで4883円。

このケースはなんとライティング対応!!
5000でピカピカ光ります~

ただし、マザーボードとの同期はできません。
ケースのボタンで発色パターンを切り替えます。

SATA電源で光ります。

スモークガラスが結構強いので、

「ピカピカPCとは目が痛てぇよ!」なんて人にも、大丈夫なケースです。

前面にはUSB3.0が2本ついています。

こぼねごと

こぼねろ独り言→→→略してこぼねごと

長期企画「事務用自作PCをつくる」です。

次回はCPUとマザーボードの詳しい紹介をしていきたいと思います!!

ちなみに、これが自作3台目です笑

自作PCって難しそう。なんてイメージを持っている方は多いと思いますが、
実はめっちゃ簡単!

基本は、パーツを差し込んでくっつけて、線をつなぐだけ。
静電気とピン折れに注意すればだれでもできます!

でも、一番楽しいのってパーツを選んでいるときなんですよね~笑
届いて組み立ては楽しいけれでも、パーツ選びほどではないです笑

ということで次回もお楽しみに~~~

今回もありがとうござました(*- -)(*_ _)ペコリ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました