コロナ給付金一人10万円を配る本当の理由[コロナ給付金の謎を徹底解明]

スポンサーリンク
お金
この記事は約7分で読めます。

新型コロナウイルス感染症が広がっていることから、先日政府は、国民全員に一人10万円の現金給付を決定しました。

 

なんのために給付するの?

経済対策じゃないの?

っと思っている方は沢山いると思います。

さらに、

どうして10万なのか!

なぜ政府は突如案を変えたのか

という疑問もあるでしょう。

 

実は、ある一つのポイントをおさえるだけで、これらの疑問はすべて解決します!

 

実際わたしも、これらの事柄に疑問を抱き、記者会見を聞くなり、調べたりしていましたが、そのポイントを調べ理解した瞬間にわたしの中の疑問は解決しました!!

 

ここでは、そのポイントをおさえて、

それらの疑問に対する一つの答えを

経済学部志望でちょっとお勉強している高校生

が紹介しましょう!

 

これを読み終わったころには、周りの人に給付金をやる理由をしっかりと説明できるようになっているでしょう…

ポイントは”不安解消”

おっ、いきなり答えです!

 

そうなんです、この給付金の一番の目的は不安解消なのです。

では、この時期人々はどのような不安を抱いているのでしょうか…

新型コロナウイルス感染症による不安

コロナウイルス感染症拡大によって大きな損害をうけたものの一つが経済です。

いまは、外出自粛、営業自粛、停止等でお店が営業できなくてお金が回っていません

 

営業ができないということは、お店にお金が入ってこないということ…

ここでお店の店長には、

お金がない”、”倒産するかもしれない

という不安が生まれています。

 

さらに、お店にお金が入らないということは、

従業員にお給料を払うことができなくなってしまいます

 

そうすると、収入が減ってしまいす…

すると、家庭では、

家計が切迫している“、”お金ない!ご飯を満足に食べられなくなるかもれない

という不安がまた生まれてしまいます。

 

他にも新型コロナウイルス感染症による不安はたくさん生まれています…

給付金の目的

このひとり10万円の目的は

”これらの不安を解消するため”と言えるでしょう。

 

これを裏付けるものとして、2020/04/17の安倍総理の会見があります。

首相官邸ホームぺージより、一部を引用します。

しかし、緊急事態宣言を行い、また、今回、全国においてそれを広げてきたところでございますが、正に特定の事業者あるいはその周辺の関係者の皆さんだけではなくて、ほとんどの国民の皆様がそれぞれ外出を自粛しなければいけない、どうなるかという、本当に不安の中にあるわけでありまして、ここは皆さんが、国民みんなでこの状況を乗り越えていく、連帯して乗り越えていくということの中においては、一律10万円、全ての国民の皆様にお配りするという方向が正しいと、そういう判断をさせていただきました。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0417kaiken.html

注目してほしいところに黄色マーカーを引きました。

安倍総理がこういっているので、間違いなく”不安解消”のためであると言えるでしょう。

経済対策のためではない理由

ここで、

経済対策のための給付金じゃないの」という疑問について考えていきましょう。

 

たしかに、条件付き30万円から全員10万円に変わったことから、そう思うかもしれませんが、

違います。

 

もし経済対策の10万円の場合、消費活動を活発化するために、外出自粛をやめるようにしなければなりません

さらに、”旅行をしよう!”なんていって政府が別の政策も打ち出すはずです。

 

ですが、こんな時期に消費活動を活発化させてしまうと、3蜜をつくることに繋がりかねないのです…

 

それに安倍総理はこうも言っていました、

この30万円を決定した議論を行ったときには、2つのフェーズに分けて、今、非常に、特定の事業の皆さんが、旅行に関わる事業の皆さんが大変な打撃を受けている中において、その皆さんをまず手厚く支援をしていく。そして、その先で終息が見えてきた、あるいは終息した段階においてV字回復をしていくという中において、その消費を全ての国民の皆様が活用できる形で喚起していこうという判断をさせていただきました。

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0417kaiken.html

いまはまだ経済対策の段階ではないと言っています。

ここから経済対策のための10万円ではないとわかるのです。

10万円給付の隠された意味(2020/05/16更新)

ここの見出しでは、隠された意味を推測しましたが、この内容はGW中の政府が求める過ごし方から推測したものであり、現在に通用する理由ではありません。

過去にこんなことがあったんだなぁという程度にお読みください…(2020/05/16追記)

 

この10万円給付には、明確にしていない”隠された意味”があると推測します。

 

それは、

10万円あげるから外でないでね。

です。

 

安倍総理はゴールデンウイークの大移動を避けるべきと言っています。

つまり、ゴールデンウイークは特に外出の自粛をしてほしいのです。

 

10万円があれば、

現時点で家計に余裕がある人は何か趣味のためのものや時間をつぶせるものを買うことができたりして、

それでゴールデンウイークを過ごせるのではないか。

なんて政府の考えがあるかもしれません…(たぶんない)

 

賄賂的な意味のほうが強いかもしれません。

10万円あげるから外でないでね。

上級国民は賄賂お得意でしょう?(めっちゃ勝手な偏見)

 

わたしは、この意味が結構あるのではと考えております。

一部30万円から全員10万円にかわった理由

本当に不安になっている人の不安を解消するという面では、

一部に30万円案のほうがいいところも多いのが現実です。

 

でもそんな中でわざわざ景気刺激策のように見えるひとり10万円に変えたのか…

 

国民の声が反映された

Twitter上では、

「10万円をあげるべき」みたいな書き込みがたくさん見られました、

なんならトレンド入りしたくらいです…

 

多くの国民が10万円一律給付を望んでいることは政府にも届いていたみたいで、それが反映されたといっても過言ではないかと思います。

 

民主主義がしっかり反映されていますね!!

与党若手・公明党からの要望

これが、一番大きな要因です。

 

与党の若手と公明党は当初から、10万円一律給付を望んでいました

 

なんどもなんども、10万円給付という声を上げていたが、なかなか変わりませんでしたが、

 

2020/04/14、自民党の二階幹事長が安倍総理に所得制限付きで10万円を給付することを要求。

2020/04/15、公明党の代表である山口さんは安倍総理に直談判。

そこで、

いまやらないと、私も、首相もおしまいですよ」と言ったそう…

 

安倍総理に”連立離脱”もちらつかせることで、

安倍総理は折れて、国民全員に10万円をする決断をしたわけです。

 

安倍総理は、会見ではあたかも自分の英断のように語っていましたがそんなことはなく、

山口さんの直談判、ちゃんと言うなら公明党と与党の若手に折れてそのような決断に至ったということです。

 

コロナ給付金謎の答え・まとめ

コロナ給付金は何のためにやるの?

みんなの不安を解消するため。

そして、

10万円あげるから外に出ないでね。」という賄賂のような意味もあると思われる。

経済対策のためじゃないの?

違います。経済対策のためではありません。

安倍総理は会見でもそういっていて、今は感染を抑える段階、

つまり外出自粛をいかにしてやるか。

 

経済対策は、コロナが収束するという段階に入ってから打ち出されるはずです。

(特に観光業)

(コロナ終息後の旅行は安いかもしれませんよ~)

なんで10万円給付に変更したの?

国民の声が届いたから。

もう一つ、与党若手と公明党が10万円給付をずっと要求していて、

2020/04/14、二階幹事長

2020/04/15、公明党の山口代表

の首相への直談判があって、首相が折れたから。

 

こぼねごと

こぼねろひとりごと、略してこぼねごと。

 

さて、今回はコロナ給付金でありそうな、

実際にわたしが持った謎を徹底解明した!

 

みなさん、しっかり外出自粛していますか?

最近若い人の重症化、死亡例も聞いています。

この記事を読んだあなたがコロナウイルス感染症に罹患しないことを願っています!!

 

コロナのせいで暇!!ってかたはこちらの記事を

 

ということで今回もありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました